コミュニケーション能力の高い庭野仁司

庭野仁司は大阪で生まれました。関西人はノリがよく、おしゃべりが上手なんて話はよく聞きますが、庭野仁司も例にもれず、おしゃべり好きの外交的な性格をしています。現在は都内の家電メーカーの会社員として働いている彼ですが、その性格から友人も多く、社内においても非常に信頼される人材になっています。ただ、たまに調子に乗りすぎてしまって周りが理解できないような空回りしてしまうこともあるそうですが、そこは関西生まれ、気にせず次の笑いのために話を続けるのだそうです。

休日は、趣味のゴルフや家族での日帰り旅行を楽しんで仕事へのリフレッシュをしています。なるべく屋外に出て気分をリフレッシュすることが好きなようで、ゴルフ仲間と家族ぐるみでのバーベキューをすることもあるそうです。また、日帰り旅行は娘たちの希望に合わせて場所を決めるそうですが、親譲りと言うべきか、アスレチック公園であったり、キャラクターが人気の大型テーマパークだったりとひたすらに歩き回り、走り回る場所などに行くそうです。へとへとに疲れてしまうのではないのか?と思ってしまいますが、庭野仁司にとっては、妻や娘たちの笑顔がなによりもの疲労回復になるのです。彼はこんな休日のひと時を楽しみに日々仕事に勤しんでいるのでしょう。

そんな庭野仁司ですが、アウトドアな一面ばかりではありません。最近はなんと陶芸に熱中しているのです。興味本位で始めた陶芸でしたが、今では陶芸教室にも通うようになり、すっかりと陶磁器の虜になってしまっています。時間を忘れて作品作りに没頭している間の楽しさや、陶磁器そのものの美しさに庭野仁司は魅了され、最近は妻も影響され二人で教室に通っているそうです。奥さんとは非常に仲むつまじく、今でも職場に持っていくお昼ご飯は愛妻弁当です。妻の愛を噛みしめながら、愛妻弁当を頬張る瞬間はかけがえのないものなのでしょう。

庭野仁司の二人の娘は、上は小学四年生、下は小学二年生の元気な女の子たちです。ノリのいい父親の姿を見て育った娘たちもその例外ではなく、近所や学校でも元気なことで評判な姉妹なのだそうです。もちろん、ただ元気いっぱいで好奇心旺盛なだけというわけではなく、挨拶がちゃんとできるしっかりとした子供たちとして、周囲からも信頼されています。元気な一面がありつつも、正すべきところはしっかり正せるというのも、きっと庭野仁司譲りなのでしょう。元気いっぱいな家族との日帰り旅行が、いかに彼の心の支えになっているのかが垣間見える娘さんたちです。