庭野仁司の趣味と悩み

庭野仁司は大阪市出身の男性で、今年39歳になりました。大阪市出身ですが、現在は都内で暮らしており、奥さんと2人の娘がいます。A型で社交的な性格をした彼は、周りからの信頼も厚く、特に趣味のゴルフ仲間とはとても仲良くしています。奥さんもゴルフが好きなこともあり、ゴルフ仲間とは家族ぐるみの付き合いです。庭野仁司は家でも外でも変わらないサッパリとした性格をしているため、奥さんも彼のコミュニティと一緒に楽しんでいます。

庭野仁司が奥さんに感謝していることは、自分のコミュニティを良く思ってくれていることだけではありません。毎日、愛妻弁当を作ってくれることにも感謝しています。彼のランチは、決まって愛妻弁当です。色どりや栄養バランスも考えて作ってくれる愛妻弁当は、なによりのごちそうで、仕事の励みになるといいます。しかし、奥さんが体調を崩して弁当を作れないときや、残業で小腹がすいたときなどは、サンドイッチやサラダを買って食べることもあります。特にサンドイッチは昔からの好物で、いつもたまごサンドとツナサンドを選びます。今どきのお洒落なサンドイッチが気になることもありますが、庭野仁司は、やはり昔ながらのスタンダードなたまごサンドとツナサンドが大好きなのです。片手で食べられるため、仕事しながらでも食べられるのもお気に入りの理由のひとつです。

家族との時間を大切にしている庭野仁司は、週末はしばしば家族サービスで日帰り旅行に出かけます。行き先は、子供たちの行きたいところに行くことにこだわり、子供と奥さんに決めてもらいます。行き先が決まると、家族全員が楽しめるようにプランを立てるのが彼の役割です。家族の喜ぶ顔を見ると、仕事の疲れも吹き飛ぶといいます。

また、多趣味な彼は、陶芸教室にも通っています。ゴルフのようにアクティブな趣味を持ちながらも、陶芸のように落ち着いた趣味も持っているのです。もともとはただの興味で始めたことで知識も経験もありませんでしたが、教室に通って陶芸の奥深さを学び、今ではすっかりハマって奥さんも誘って通うほどです。できれば娘にも陶芸を習わせたいと考えていますが、娘2人の将来については、現在悩んでいるところです。自分の望み通りに育ってほしい思いはありますが、やはり娘本人の意思を尊重することが大切だと考えているようです。また、多趣味でサービス精神が旺盛な彼は、どうしても出費がかさんでしまい、なかなか貯蓄ができないことも悩みの種です。