ハイヤーは利用日前までに予約して利用する乗り物で、時間で貸切ることができます。
ハイヤーの配車は移動手段でも最高クラス

ハイヤーを賢く利用する

ハイヤーというとタクシーとは違い、ハイスペックのイメージがあるという人も少なくありません。タクシーは顧客の求めに応じて目的地まで運び、基本料金に加え、走行距離にかかった時間分などを加算して料金を取る営業車ですが、ハイヤーは運転手つきのいわば貸し切りの車です。駅前のタクシー乗り場や道端で手を挙げれば止まって乗せてくれるタクシーに対し、ハイヤーは流しの営業はしておらず、完全な予約制での営業です。出庫から入庫までの時間制の料金体系であり、使用の車両もグレードが高いものを使用しているケースが多いため、高級感があります。

ハイヤーの会社は、顧客のために予約した時間と車を提供するのが仕事ですから、かなり質の高いサービスと運転技術が求められます。そのハイヤーを利用する場面として、ひとつに企業の役員などの送迎に利用することができます。専属ドライバーがついて、乗り心地の良い高級車を利用する契約をすることで、企業に運転手を置かずとも社用車としての使用を可能にしてくれます。さらには、空港送迎などにも利用できます。早朝や深夜の、タクシーを拾えなかったり運転が不安な時間帯にも、ハイヤーの予約をしておけば、プロのドライバーが対応してくれます。フライトの遅延や渋滞の回避などの対応にも期待ができますので、不安なく利用することができます。

また、ドライバーの能力に頼った使い方もできます。例えば外国人訪問客の送迎などのシーンでは、語学に堪能な運転手を手配して対応してもらえるのも良い点です。多くの利用方法がありますが、車両サイズも豊富に用意されているハイヤーなら、大人数での移動にも最適です。企業の接待などでは、顧客とのゴルフを実施する場合におすすめです。朝早くの出発や行き慣れていないゴルフ場までのルートも安心して任せることが可能です。さらに大型車の配車をしてもらえば、まとめて連れて行ってもらえます。終了後も自宅または決まった場所まで送ってもらえるので、疲れていても問題ありません。

一度に複数の車両を依頼したい場合にも柔軟に対応してもらえる事もあるため、様々な面で、使い勝手のよさを感じられるでしょう。ハイヤーは、企業としての契約方法にも色々あり、必要な時にスポットとして契約するだけでなく、定期契約が可能な点も魅力です。企業でドライバーを雇うよりも、ハイヤーの利用は安全に運転してもらえ、経費も抑えられる可能性が高いといえます。

ページの先頭へ戻る