ハイヤーは利用日前までに予約して利用する乗り物で、時間で貸切ることができます。
ハイヤーの配車は移動手段でも最高クラス

ハイヤーの魅力的な利用方法

ハイヤーはタクシーと同様に車で人を運んでくれるサービスです。普段利用していることの多いタクシーの場合には、駅前などにある乗り場から乗車したり、電話で配車を依頼して迎えに来てもらったりと、気軽に利用ができるのがメリットです。一方のハイヤーは完全予約制であり、事前に連絡をして配車をしてもらうことになります。また、車に関する違いもあります。タクシーでは会社によってはカラフルな塗装や会社名を大々的に明示していたり、行灯と呼ばれるタクシーであるという表示装置が設置されていますが、ハイヤーにはたいていの場合には黒塗りなど単色の車で、それらはほぼ設置されていません。このため、一見すると普通の車に見えるものです。

ハイヤーに使われている車両はタクシーよりもグレードの高いものが使われていることが多く、セダンまたはワゴンタイプも主流となっています。ハイヤーもタクシーも運転をするためには普通免許に加えて二種免許が必要です。最近では、業者側が資格取得の後押しをしてくれる場合も多いため、ハイヤーの運転手として働きたい方なら入社後に取得することもできます。また、車種や車両と同様に運転手の品質が求められるのも特徴です。

ハイヤーが利用される場面には企業などが法人契約を行っていることが多く、一般の利用ができないイメージを持っている人もいるでしょう。特別な役や会社のVIPの送迎に使われたり、通勤に利用されるなど利用のシーンを選ぶものでもあります。企業なら社用車と同じ扱いで、経験の豊富な専属ドライバーが運転をしてくれて信頼関係も築けます。しかし、今では多方面でハイヤーの需要があり、冠婚葬祭での送り迎えや行楽の移動手段としても使われるようになっています。メリットは、専門のプロ運転手がいること、貸し切りで利用ができることなど様々ですが、どの場合でも、色々なノウハウを身につけた運転手が安心と快適な空間をつくってくれる点でしょう。

タクシーも安全運転を心がけている業者がほとんどでしょうが、安全と一緒におもてなしが生きているのがハイヤーです。個人で利用するにあたっても、必要性に合わせて心配りが意識されており、充実した時間が送れるのが魅力です。タクシーよりは、値が張る移動手段にはなりますが、事前の見積もりでコストを確認することができます。行楽に使うときには、語学力に長けた運転手をお願いすることや人数によって車両を選択できるなど、利用者のために動いてくれるサービスが魅力です。

ページの先頭へ戻る